工房機器紹介|ひろはたゴルフでは、自分のクラブを調整、スペックを計測、シャフト交換、グリップ交換などが行えます。

ひろはたGOLF シャフト・ヘッドメンテナンス
クラブメンテナンスをあなたご自身の手で…

工房機器紹介

クラブスペック計測器拡大表示

クラブスペック計測器

クラブのライ角、ロフト角、フェースプログレッション、フェースアングルなどが計測できます。

自分にマッチするクラブを選ぶ際に重要な要素がほとんどこの計測器で計測可能です。
今までのクラブはつかまりが良かったのに、新しいクラブにしたら急につかまりが悪くなったなどの原因がこれらのデータにあるかもしれません。クラブを変えるたびに確認することで自分にマッチするクラブのスペックが徐々に見えてくるはずです。

パタースペック計測・調整器拡大表示

パタースペック計測・調整器

パターのロフト、ライ角などの計測ができます。またヘッドを固定した状態でライ角やロフト角の調整が可能です。

上記のクラブスペック計測器同様、パターのスペックを計測することは非常に重要です。
特にパターのライ角が合わないとボールの曲がり方にも大きく影響を与えます。またこちらの機器は固定したまま調整もできるので、便利にお使い頂けます。

バランス計(カモシタ製:スイングバランサー)拡大表示

バランス計(カモシタ製:スイングバランサー)

クラブのバランスが計測できます。

クラブのスイングバランスは今では誰もが重要視する要素です。長さが変わってもバランスを統一することによって同じ感覚で振れることにつながります。
鉛などを貼り付けながら調整すればすべてピッタリのバランスに合わせることも可能です。

振動数計(カモシタ製:VIBRO SCOPE V-3)拡大表示

振動数計(カモシタ製:VIBRO SCOPE V-3)

クラブの振動数を計測します。

振動数はしなるポイントによってデータも変わってきますので、目安にしかなりませんが、同じ種類のシャフトでフレックスが変わったりした時の硬さの変化は見ることができます。
もちろん違う種類のシャフトでも意味はありますので、構成しているクラブ全ての振動数の目安を知っておくと、リシャフト後にどうなっているか確認すれば少し硬くなっていそうだとか、柔らかくなっていそうだと言うことが言えます。

ロフトライマシーン(アルク社製)拡大表示

ロフトライマシーン(アルク社製)

アイアンのロフト・ライの計測、調整が行えます。

FOURTEENのロフトライマシーンと並んで工房でよく使われているアルク社製のロフトライマシーンは、プロ用の機器です。
是非プロが使う調整器でアイアンのスペック計測と調整をしてみてはいかがでしょうか?
※但し、鋳造加工は調整できません。

このページの先頭に戻る